受験 中学 中学受験

受験 中学

中学受験 社会で勝つ社会の合格講義CD 13時間で社会を完成させたい方はこちらをクリック
【提供元】  中学受験 社会科専門のスタディアップ様 


中学を受験するからには、それに対応した学習や生活が必要になってきます。中学受験のタイミングとして、どの時期が一番良いのか?そもそも中学受験は小学校受験、高校受験と比較してベストな選択のか?

考え方の一つとして、10歳を超えると物事を論理的に考えられるようになり、自分を自分で律することができるようになるというものもあります。また、中学受験をすることが保護者からの自立にもつながるし、自分でものごとをよく考えるようにもなるとも言われます。

中学受験率は地域によって差が見られるもの現状です。首都圏や関西圏など、人口の多い地域で受験率が高まっており、ベネッセコーポレーションの中学校選択に関する調査によると、首都圏や関西圏で中学受験をさせる保護者は約2割となっています。その他の地域では1割に満たないのが現状です。しかし、1999年以降、主に首都圏で受験率が伸び続けており、今後もこの流れは継続していくと思います。

そもそも、中学受験率の高まりの背景分析として、日本の教育は、中・高・大とそれぞれが完結しており、接続が弱かったが、学閥社会における親の子どもに対する高学歴志向が高まっている中で、従来のいい成績を取っていれば将来安定という図式も崩れ出し、加えて、ゆとり教育による学力定着への不安も挙げられるようになったため、親が子どもの生き残りを切望したことが大きいのでしょう。

ただし、中学受験は保護者への負担が大きいのも事実です。孤軍奮闘してしまい、子どもに悪影響を及ぼすケースもあり、行き過ぎは良くありません。中学受験や教育にかかる費用の負担も保護者にとって悩みの一つとなっており、全員が中学受験をさせるほど、金銭的な余裕はありません。

6年生の子ども1人あたりの教育費の月平均は20,000円弱なのに対し、私立中学校が第一志望者の場合は、全体平均の3倍にあたる約60,000円となっており、金銭的な負担も大きいのが現実です。