中学受験 塾 ブログ 偏差値 家庭教師 算数 掲示板 勉強

中学受験.com へようこそ

中学受験 社会で勝つ社会の合格講義CD 13時間で社会を完成させたい方はこちらをクリック
【提供元】  中学受験 社会科専門のスタディアップ様 


中学受験の高い人気は変わらず、今年も激戦となりました。
中学入試に必要な 試験科目も、近年は算数・国語の2科目から社会、理科を含めた4科化へと進行しております。

空前の中学受験ブームは来春も収まりそうにありません。首都圏では2007年度に国・私立中の受験者が初めて5万人の大台を超え約5万2000人になりました。

公開模試の参加者数が四谷大塚、首都圏模試センターで増加していることからも、今後の中学受験者数は07年度をさらに上回るか、少なくとも2010年度と同程度になりそうな見通しです。

ちなみに、2007年度は首都圏の中学受験者(国・私立中)が前年比約5000人も増加したため、御三家などの難関レベルから上位、中堅校まで広範囲な入試状況の難化が起こりました。

こうした全体の受験者増とは、公立校のゆとり教育、学力低下問題が背景にあり、行政側がその対応策をいまだに実施しない状況にあるなかで、一般の公立中を避けて私立中受験に向かうムーブメントはしばらく継続するのが確実とみられます。

他にも、新たな要素として、ここ数年、公立中高一貫校が新設ラッシュしています。07年度は1都3県の合計で1万人強となった公立一貫校の受検者数が08年度はさらに膨らみました。千葉県で県立千葉高、東京都内で都立武蔵、北多摩高を母体とした公立中高一貫校が開講したからです。

だいたい公立一貫校受検者の3割は私立中学を併願しますので、その「公私併願者」が集まる中堅中堅下位の私立中は、小6前後からの駆けこみ受験生にも狙われることと相まって、今後ひときわ難化すると予想されます。 中堅中堅下位校といえば、幅広いレベルの受験生がすべり止めとする学校群です。したがって、押さえの受験校は、これまで以上に慎重に選択しなくてはいけません。不注意に押さえ校を決めてしまうと、それがもとで、まさかの「全滅」という結果にもなりかねません。

また、偏差値を上げるために、中学受験の社会を克服したい場合、中学受験 社会のスタディアップなども参考になります。こちらは、社会を中心に家庭学習を戦略するためのものです。そして、偏差値を上げていくためには、家庭学習が重要になってきます。国語、算数、理科、社会のバランスをしっかりととって進めていくことが大切です。

中学を受験するからには、それに対応した学習や生活が必要になってきます。中学受験のタイミングとして、中学受験はベストなのかしっかりと判断しなければいけません。中学受験を志す7割以上が「合格するのがとても難しい」「受験勉強は苦しい」と考えている一方、同じく中学受験を志す7割以上が「自分の力を試すことができる」「人間として大きく成長する」としているのも現状です。

また、首都圏には三大模試という四谷大塚(合不合判定模試)、日能研(全国中学入試センター模試)、首都圏模試センター(統一合判)と呼ばれる「三大模試」があります。いずれも受験者約1万人に及ぶ大規模模試であるため、自分の位置を知るうえで参考になります。

このなかで中学受験 偏差値を四谷大塚および日能研は上位難関校を志望する受験者が多く受け、偏差値は首都圏模試センターより5ポイント程度低めに算出されるので、中学受験全般平均的な偏差値を知りたい場合は首都圏模試をお薦めします。